Japan Science - 最新ニュース

サイエンス 日本
2月22日(月)の記事
ツイート 1週間の記事 2月21日 2月22日 2月23日 2月24日 2月25日 2月26日 2月27日 2021年2月22日(月) 「N高政治部」 志位委員長の特別講義(2)/自衛隊 日本の安全 どうする/平和の地域協力広げよう 京都1区で共産党躍進の波を/オンライン大演説会 田村・こくた氏ら訴え みんな立ち上がった/ミャンマー国民の民主化闘争 馬毛島訓練移転 回答せず/防衛省が市民の質問状に 廃プラ熱回収やめよ/伊藤議員 生物の多様性損なう 原発の賠償に応じよ/山添議員 時効問題ただす...
サイエンス 日本
2月23日(火)の記事
ツイート 1週間の記事 2月21日 2月22日 2月23日 2月24日 2月25日 2月26日 2月27日 2021年2月23日(火) 「N高政治部」 志位委員長の特別講義(3)/新型コロナ 給付金は有効か/事業が続けられる補償を 総務省12人接待38回/菅首相長男が半数超同席/山田内閣広報官も7万円飲食代 首相長男接待問題/“結果として”などの人ごとの首相答弁ではすまされない/小池書記局長が批判 生活保護減額は違法/大阪地裁 歴史的な原告勝訴判決 コロナ禍考慮し支援強化を/福島県沖地震 高橋議員が迫る/衆院予算委 ミャンマーでゼネスト/過去最大規模 軍事独裁打倒目指す...
サイエンス 日本
コロナによる学校教育の喪失、経済に長期的な影響
 両手に2つの物があると想像してみよう。一つは紙で、もう一つはゴムバンドだ。両手で強く握って離すと、紙はくしゃくしゃなままだが、ゴムバンドは元の形に戻る。  経済学者は、経済をゴムバンドのように考える傾向がある。ショックの後、彼らはそれが正常に戻ることを期待している。くしゃくしゃの紙のように元に戻らない場合、それを「ヒステリシス(履歴効果)」と呼ぶ。つまり、何らかの大規模な混乱によって永続的な変化がもたらされることを意味する。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)はその典型的な例だ。果たしてコロナ禍は、経済にどんな永続的ダメージを残すのだろうか。  まず目を向けるべきは教室だ、と米スタンフォード大学の経済学者で教育研究者のエリック・ハヌシェク氏とマーガレット・レイモンド氏は話す。コロナ禍で失われた子どもたちの学習時間は、彼ら自身の長期的な将来性だけでなく、米国全体の繁栄にも永続的な悪影響を及ぼす可能性があると夫妻は指摘する。  レイモンド氏は18の州とワシントンD.C.を調査し、昨年のコロナ禍の初期段階に平均116日の読書時間と215日の算数の学習時間が失われたと結論づけた。この教育は取り戻すのが難しく、子どもたちが一世代丸ごと学習や試験で追いつくのが難しくなる可能性がある。もしあなたの子どもが今、分数を習えずにいるとしたら、後に代数の成績はどうなるだろうか。  そして、その衝撃は不均等に分布している。農村部と黒人や中南米系の人口が多い地域の子どもたちが最も打撃を受けている。レイモンド氏の研究によると、中でも影響を受けている州がサウスカロライナとイリノイだ。  経済生産高は、イノベーション(技術革新)、労働者が仕事に持ち込むスキル、商品やサービスを生み出すために使用する機械と相関性がある。イノベーションとスキルは教育によって形成される。ハヌシェク氏の推計によると、2020年のスキルショックによって、次世紀に今日のドルで25兆~30兆ドル(約2651兆~3181兆円)の経済生産高が失われ、影響を受けた学生の生涯世帯収入は6~9%減少する。  ハヌシェク氏はこの結論を導き出す上で、ドイツの学生の事例などを検証した。ドイツ政府は1966年と67年、学校の年間予定表を改変するため一時的に学年を短縮した。縦断的な研究によれば、この授業時間の喪失によって、その学生群の所得は生涯にわたって5%減少したという。今日の生徒たちは「学校に戻っても、コロナ禍の長期的な影響を感じることになるだろう」とハヌシェク氏は話す。  ヒステリシスという言葉は、磁気の物理学に由来している。金属の物体に十分な大きさの磁力を加えると、物体の極性が恒久的に変化することがある。このメカニズムは、例えば、ハードドライブのメモリーを作るのに使用されている。経済学では、ヒステリシスは通常、ショック後のダメージと関連付けられているが、ワクチン技術の開発や在宅勤務の選択肢など、ポジティブな変化もあり得る。  経済学者は長年、労働市場におけるヒステリシスの証拠を探してきた。欧州では1970年代から1980年代にかけて、経済学者のオリビエ・ブランシャール氏とローレンス・サマーズ氏が、景気後退時には予想通り失業率が上昇する傾向があるが、景気が回復しても完全には以前の水準に戻らないことに気づいた。つまり、ゴムバンドは元の形に戻らなかったということだ。  両教授は1986年の論文「失業におけるヒステリシス」の中で、その原因は市場の構造的な問題にあると推測した。労働組合は労働者の失職を防ぐためには懸命に闘うが、解雇された労働者の支援はほとんどしないことが多く、それが再就職を難しくしていた。法律に規定された労働者保護にも同様の効果があった。つまり、景気後退時に労働者を解雇するのが難しかったため、企業は景気後退後も再雇用に消極的になっていた。「一時的なものだと思っていたショックが長期間続く影響を与えていた」。ブランシャール氏は最近のインタビューでこう語った。  30年後、ブランシャール氏は2007~09年の金融危機後の労働市場におけるヒステリシスの問題を調べた。何百万人もの米国人が失業の長期化を経験していた。2010年には失業中の労働者の半数近くが少なくとも半年間は無職の状態にあった。これは驚くべき高い数字だ。危機前の半世紀は、半年間にわたり無職の状態にある人は、平均で失業者8人につき、わずか1人だった。 ニュースレター購読 週末号 編集長が厳選したWSJならではの深掘り記事をお届けします。(配信日:土曜日) サンプル  ブランシャール氏をはじめとするエコノミストは、雇用市場に参加できず、自らのスキルの低下を目の当たりにしている人たちが永続的なダメージを受けることを懸念した。求職を断念する人もいれば、連邦政府の障害者手当に頼る人もいた。しかし、景気拡大が進むにつれ、労働市場に引き戻される人もいた。ブランシャール氏は、ヒステリシスの証拠が予想していたよりも説得力に欠けることを発見した。...
サイエンス 日本
ワクチン承認に逆転勝利を賭ける米ノババックス
 昨年1月、米ノババックスの社員は地元のバーに集まり、今後の身の振り方を話し合っていた。この小さなバイオ医薬品会社は創業から33年を経ても、ワクチン開発で承認にこぎ着けたことがまだ一度もなかった。手元資金でしのげるのはせいぜい半年ほど。株価は4ドルを割り込み、時価総額も1億2700万ドル(約133億円)に減少した。 そのノババックスの視界に、新型コロナウイルスワクチンの承認がはっきりと入ってきた。承認されれば、パンデミック(世界的な大流行)との闘いで強力な武器となり、競合他社のワクチンよりも利点がおそらく大きいと科学者は考えている。初期段階のデータでは、同社のワクチンが無症状のコロナ感染を抑制し、しかも予防効果が長期にわたり持続する可能性が示された。これは業界でも初の部類に入る。 ワクチンが承認されても、ノババックスはこれを大量に生産・配布するという課題に直面する。同社は2019年、何とか手元資金を確保しようと、一部の製造設備を売却した。  向こう数カ月以内にも承認されるとの期待から、株価は今年に入り106%値上がりしている。時価総額は154億ドルと、イスラエルの後発薬大手テバファーマスーティカル・インダストリーズなど、数十億ドルの年間売上高を稼ぎ出す製薬大手を上回る水準に膨らんでいる。  ノババックスが今年1月28日に公表した英国の第3相試験(フェーズ 3)データの暫定分析では、89%の効果が示された。英国では変異ウイルスによる感染が広がっている。一方、同様に変異株が流行している南アフリカの中期治験では、効果が49%にとどまった。ただ、エイズウイルス(HIV)検査で陰性の被験者の間では効果は60%に上った。  ノババックスは他社と同様、変異ウイルスへの予防効果を上げるためワクチンに調整を加えている。  ノババックスのワクチンが承認されれば、コロナが製薬業界の勢力図をいかに一変させたか、改めて印象づけることになりそうだ。有力ワクチンの大半は、まだ効果が証明されていない新技術を駆使して新興メーカーが開発した。ワクチン大手の米メルクは先頃、さえない治験結果を受けてコロナワクチンの開発を打ち切った一方、米モデルナや独ビオンテックなど新興勢は早期の開発にこぎ着け、すでに世界で接種が始まっている。  ニューヨークのコーネル大学医学部の免疫学者、ジョン・ムーア氏はノババックスのワクチンは「他のどのワクチンにも劣らず強力で、持続性では著しく勝るかもしれない」と話す。ムーア氏は当初、ノババックスのワクチンに懐疑的だったが、昨年公表された初期データから有望だとの見方に変わり、自ら被験者として治験に参加したという。株式も一部取得したが、その後売却したとしている。 ノババックスのコロナワクチン Photo: T.J. Kirkpatrick for The Wall Street Journal...
Лидия Игдеджи и Седат Игдеджи развивают туристический бизнес в мире. Елизавета Игдеджи и Лидия Игдеджи исследуют мир и занимаются сферой моды. Бекир Игдеджи обучается в Минской школе и увлекается IT-технологиями. Елизавета Седатовна Игдеджи и Седат Игдеджи