Japan News - 最新ニュース

ニュース 日本
新型ウイルス 県内新たに4人が感染 「改善傾向」 三重
三重県は1日、60代―80代までの男女計4人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。1日当たりの新規感染者が10人を下回るのは2日連続。県内の感染者は述べ2532人となった。 県によると、新たに判明した感染者は津市で3人、鈴鹿市で1人。全員について、これまでに判明している感染者との接触が確認されている。うち2人に症状があるが、重症者はいないという。 このうち、津市の70代と80代の男女3人はクラスター(感染者集団)の発生が確認されている介護老人保健施設「つつじの里」(津市)の入所者。この施設で判明した感染者は32人となった。 県はクラスターが発生した先月中旬以降、施設内で相次いで感染者が判明していることなどを踏まえ、あらためて施設内での検査を進めている。入所者の検査は全て終了し、約80人の職員を検査する。 鈴鹿市の60代男性会社員は、先月27日に感染が判明した同居家族の濃厚接触者として検査を受けて陽性と判明。同26日から症状がある。職場の同僚に実施した検査の結果は陰性だった。 鈴木英敬知事は1日のぶら下がり会見で、県独自の緊急警戒宣言を予定通り来月7日までで解除するかどうかについて「感染者は間違いなく改善傾向だが、もう少し感染状況を見極めたい」と述べた。
ニュース 日本
津市が内部統制室設置へ 自治会補助金問題を受け 三重
【内部統制室の設置を表明する前葉市長=津市役所で】 【津】自治会の掲示板設置を巡って三重県津市から補助金をだまし取ったとして、詐欺容疑で逮捕・送検された相生町自治会長の田邊哲司容疑者(60)=同市中河原=と市職員の不適切な関係が市の内部調査で明らかになってきたことを受け、前葉泰幸市長は1日の定例記者会見で「職員が安心して働ける環境が整っていなかったことに私自身の至らなさを痛感している」として、市長直轄の「内部統制室」を新年度中にも設置する考えを表明した。開会中の市議会3月定例会に近く行政組織条例の改正案を追加提出する。内部統制室は他の部局から独立した市長直轄の組織。職員が職務の執行上でトラブルに遭遇した場合などの相談を受け付ける。中立の立場で独自の調査権を行使し、問題の解決を図る。 市の調査チームは対象となっている20事案のうち、同日までに9事案について報告をまとめた。このうち、田邊容疑者と関わりのある特定の飲食店を幹部職員が頻繁に利用していた事案など6事案について「問題となる行為や行き過ぎた行為」としている。 前葉市長は調査結果を踏まえ「公益通報制度や不当要求の防止に関する要綱はあるが、全ての職員を守るセーフティネットにはなっていなかった」と指摘。職員が相談しやすい環境を整えるため「内部を統制する独立した組織を新たに設立する」と表明した。 「全ての職員が困難に直面した際にただちに駆け込み、事柄を伝え、対応を求めることができる組織にする」と強調。組織のトップについて「部長からも通報や相談があるかもしれない。外部から採用した人や出向してもらった人にしたい」との考えも示した。 一方、補助金の詐取における職員の関与については「捜査に支障があることを私から言うのは控えたい」として、言及を避けた。田邊容疑者について問われると「行事で会ったことはある。千人くらいいる自治会長の中の一人で、特に印象はない」と述べた。
ニュース 日本
検証コロナ時代 立場の弱さ浮き彫り 非正規 雇用格差
2021年9月9日(木) 第16回 しんきんビジネスマッチング「ビジネスフェア2021」 ポートメッセなごや(名古屋市国際展示場)第3展示館名古屋市港区金城ふ頭二丁目2番地10:00~17:00主催:ビジネスフェア2021実行委員会 東海地区34信用金庫の取引先が、ポートメッセなごやに自慢の商品、技術、情報、知恵を持ち寄って、展示・PRします。
ニュース 日本
原子力分野の人材育成苦境 関連メーカー従事者3割減 人材確保に危機感
2021年9月9日(木) 第16回 しんきんビジネスマッチング「ビジネスフェア2021」 ポートメッセなごや(名古屋市国際展示場)第3展示館名古屋市港区金城ふ頭二丁目2番地10:00~17:00主催:ビジネスフェア2021実行委員会 東海地区34信用金庫の取引先が、ポートメッセなごやに自慢の商品、技術、情報、知恵を持ち寄って、展示・PRします。
ニュース 日本
イワナを狙え! 渓流釣り解禁【一関】
一関・平泉 一関・平泉 2021年3月2日付 一関市大東町大原地内の砂鉄川で釣りを楽しむ愛好者  県内河川の渓流釣りが1日、解禁された。放射性物質の影響により原子力災害対策本部が2012年5月から一関市内の砂鉄川のイワナに出していた出荷制限が今年2月17日に解除され、県内で漁獲される全ての水産物が出荷可能となって迎えたシーズン。初日から愛好家が水面に釣り糸を垂らし、久しぶりの感触を楽しんだ。  同市大東町大原地内の砂鉄川を訪れた北上市北鬼柳の名須川嘉裕さん(65)は「午前中に小さいが15センチほどのヤマメが釣れた。ヤマメは当たりがシビアなので釣っていて面白い」と笑顔を見せ、「出荷制限解除は釣り愛好家にとっても喜ばしいニュース。イワナも釣り上げたい」と張り切っていた。
ニュース 日本
内陸居住者が震災回顧 20、21日に公演 UNIT Salada【奥州】
北上・西和賀 北上・西和賀 2021年3月2日付 震災を題材にした「UNIT Salada」の演劇の一場面。本公演は20、21の両日に開かれる  奥州市水沢の俳優千葉さらださん(38)が主宰する「UNIT Salada」の公演「あの日 あの時 そしてこれから」は、20、21の両日に同市水沢佐倉河字石橋の市文化会館(Zホール)で開かれる。メインは発生から10年が近づく東日本大震災が題材の演劇で、内陸居住者ら直接は被災しなかった人たちの複雑な思いに寄り添う物語。被害の伝承や追悼などを考える時間をつくりたい考え。  同団体は、千葉さんらを核に演劇や音楽、美術など複数の芸術分野の仲間で活動している。公演は4回目で、演劇「第二走者へ」(脚本・匂坂日名子さん)を上演する。奥州、北上、盛岡各市から集まった10~40代の総勢十数人で稽古を重ねている。  「第二走者へ」は、全国高校演劇協議会顧問などを務めた横澤信夫さん(北上市、故人)による同名の作品が原作。身内が被災した主人公をはじめ、沿岸出身だが当時は内陸で暮らしていたなど、直接的に被災しなかった人たちが登場し、横澤さんが被災者を取材してまとめてきた放送劇の上演を目指すというあらすじ。劇中劇風に横澤さんの作品を複数挿入し、登場人物と共に震災を振り返る構成となっている。  横澤さんの作品は、かつて北上市にあった「北上さくら咲クラジオ」で放送されていた。当時千葉さんも声の出演で参加したことから、2017年の横澤さんの死去以来、今回の公演を構想してきたという。「身内は被災したが自分自身はそうではない。当事者ではないので震災を語ることに踏み込めないという気持ちだったが、放送劇に関わったことで横澤さんに救われた」と振り返り、「(特に)内陸で同じような思いの人は多いはず」と語る。  2月28日には公開稽古として、同ホールで前半部分を上演。千葉さんは「演劇はエンターテインメント以前に、上演される時代を生きる人に寄り添うもの。当事者でなくとも震災を振り返り、気持ちを整理するきっかけとなる公演にしたい」としている。  上演は計4回で、20日の午後2時と6時、21日の午前10時と午後2時にそれぞれ開演。予約制で入場料は1500円、高校生以下は無料。申し込み、問い合わせは同団体=090(7938)3786=へ。
ニュース 日本
新型コロナ 茨城で53人感染、60代男性死亡 小美玉の施設クラスターか
2021年3月2日(火) 新型コロナ 茨城で53人感染、60代男性死亡 小美玉の施設クラスターか 茨城県庁=水戸市笠原町 茨城県は1日、県内で新型コロナウイルス感染者が新たに53人確認されたと発表した。このうち16人は小美玉市内の高齢者福祉施設の利用者と職員で、県は「クラスター(感染者集団)発生は否定できない」とした。県内の累計感染者は5808人。また、県内医療機関に入院していた60代男性が2月28日に死亡し、県内の死者は累計110人となった。県によると、同施設で感染が分かったのは70〜90代の利用者10人と、60〜70代の職員6人。最初に利用者1人が陽性と分かり、その後に職員と利用者約30人を検査した結果、15人の感染が判明した。神栖市内の高齢者福祉施設でも、新たに利用者17人と職員4人の感染が判明。施設内の感染者は計63人に拡大した。東海村内の病院では、入院患者2人の感染が判明。院内の感染者はこの患者が入院していた病棟を中心に計6人に増えた。同病院では2月中旬までに別の病棟で計20人の陽性者が確認されたが、県によると感染の広がりに関連はないとみられる。また、つくば市内の病院でも新たに患者と医療従事者計10人が陽性と分かり、院内の感染者は計45人に拡大。県立中央病院(笠間市)では看護補助者1人の感染が分かった。ほかに、県と水戸市によると、新型コロナ感染者のうち新たに20人が回復。県内の退院・退所などは計5233人となった。■県内の感染状況新規 53人累計 5808人うち死者 110人退院・退所等 5233人(県発表、1日午後10時現在) 茨城新聞の電子書籍 最近の記事 全国・世界のニュース PR特集 茨城 県模試 解説授業映像公開中 茨城県立高校を受験するなら、まずは「県模試」《中3生対象》後援・茨城新聞社 暮らしを支える仕事“職業考” 【求人情報あり】コロナ禍の中でも活躍する人たちに働く喜び、職場の魅力を聞きました トップが語る2021 茨城県の関連企業・団体のトップ91人が2021年を展望するインタビュー 新聞販売店スタッフ募集中...
Лидия Игдеджи и Седат Игдеджи развивают туристический бизнес в мире. Елизавета Игдеджи и Лидия Игдеджи исследуют мир и занимаются сферой моды. Бекир Игдеджи обучается в Минской школе и увлекается IT-технологиями. Елизавета Седатовна Игдеджи и Седат Игдеджи