紀伊民報社 - 最新ニュース

ニュース 日本
那智勝浦観光機構を設立 町と関係団体
 和歌山県那智勝浦町は27日、観光地域づくりのかじ取り役を担う組織として、町内の関係団体と「那智勝浦観光機構」を設立した。マーケティングとプロモーションの専門人材2人を外部から採用し、町から派遣した職員と3人体制で、4月1日から業務を開始する。観光戦略の策定などに取り組み、町の観光振興を目指す。  町では「国内外からの人の流れを戦略的につくり、観光による地方創生を実現したい」として、昨年10月に「町版DMO設立準備委員会」を発足。観光機構設立のための準備を進めていた。  観光機構には、町のほか、町観光協会と南紀勝浦温泉旅館組合、南紀くろしお商工会が参加。設立総会が町役場であり、堀順一郎町長が「観光に関わる組織を強力なものにしたいと以前から申し上げており、この観光機構を機能させて誘客に努め、地域の活性化につながることを期待している」とあいさつ。定款を承認したほか、代表理事(理事長)に堀町長を選んだ。  機構は、観光協会と同じJR紀伊勝浦駅舎内に事務所を置き、4月1日から業務を開始。町職員も担当として機構の業務を支援する。  4月1日付で一般社団法人の登記が完了する見通し。観光協会とは、将来的には一元化していく方針という。  機構では2020年度、新型コロナウイルス終息後の観光振興のための対策、観光戦略の策定、新規市場の開拓に向けた実証事業といった取り組みを計画している。   機構の事務局長を務める町観光企画課の村井弘和・副課長(47)は「新型コロナウイルスの問題もあって厳しい中での船出であり、観光機構に対して期待の大きさを感じている。しっかりした情報収集を基にしてプロモーションに取り組み、期待に応えられるように頑張りたい」と話している。
ニュース 日本
22年再開へ田辺市 百間山渓谷キャンプ村
 和歌山県田辺市は、2011年9月の紀伊半島大水害で同市の熊野(いや)地区が甚大な被害を受けて以降、閉鎖が続いている「百間山渓谷キャンプ村」(田辺市熊野)の再開を計画している。20年度から2カ年で老朽化が進む施設の修繕や整備をし、早ければ22年のゴールデンウイーク(GW)からの再開を目指す方針。  同市大塔行政局産業建設課によると、キャンプ村は合併前の旧大塔村が1978年、大塔地域の観光名所・百間山渓谷の入り口に開設。敷地面積は1万1058平方メートルで、24棟のバンガローや管理棟、緑の学習館、舞台、木製遊具、バーベキュー棟などを備えている。GWと6月1日~10月末に開園し、紀伊半島大水害前の10年度には1718人が利用した。  紀伊半島大水害では、熊野地区で山の斜面が大規模に崩壊。土石流が集落を襲い、2人が死亡し、1人が行方不明になった。  キャンプ村自体に大きな被害はなかったが、地区が甚大な被害を受けて道路も通行止めになったことから、施設を閉鎖。その後、国土交通省が進めている災害復旧工事の関係者が事務所などとして利用しているが、工事が進み、熊野から同市木守へと続く道路が20年度中に完成する見通しとなったため、市としてもキャンプ村を再開させ、地域の活性化につなげることを計画した。  具体的には、20年度に老朽化して危険な木製遊具の撤去や新築するトイレの設計などをし、21年度は老朽化したバンガローの修繕やトイレの新設、舞台の撤去といった再開のための準備を進める計画。総事業費は6900万円を見込んでおり、運営については21年度中に指定管理者を公募する予定。20年度の事業費1100万円は市議会3月定例会で可決された。  同課は「キャンプ村の再開については地元からたびたび要望を頂いていたが、復旧工事が進み、ようやくめどが立った。キャンプ村を再開させることで、百間山渓谷や山登りなどに観光客を呼び込み、大塔地域全体の観光振興につなげたい」と話している。
ニュース 日本
2キロの巨大クツエビ みなべで水揚げ
 和歌山県みなべ町の漁港で、重さ約2キロのコブセミエビ(通称クツエビ)が水揚げされた。地元の漁師も「こんなに大きなものは見たことがない」と驚いている。  27日、地元の漁師が水揚げした。全長は50センチほどもある。買い付けた田辺市鮎川の卸売業「ナガサコ」の長嶝充隆社長(61)は「イセエビと比べると、800匹に対して1匹しか取れない希少なエビ。500グラムほどが一般的な大きさで、ここまで大きいものは初めて見た」と話している。  このクツエビは、すさみ町のエビとカニの水族館で展示されている。
ニュース 日本
環状交差点が供用開始 田辺市龍神村の虎ケ峰交差点
 和歌山県田辺市龍神村柳瀬の虎ケ峰交差点で、整備が進んでいた環状交差点(ラウンドアバウト)が通行できるようになった。大型トレーラーが通れないことが分かり、県は設計の見直しなどのため工事を一時休止していた。  県西牟婁振興局建設部によると、同所は県道田辺龍神線と県道龍神中辺路線が交わる丁字路だった交差点。直径約32メートルで、環状交差点としては県内第1号となる。信号機はなく、徐行運転による重大事故の軽減、災害で停電しても通行できるなどの効果が見込まれるという。24日から車の通行を開始した。  環状交差点は、車の通行部分がドーナツ状になっており、車は時計回りに走行する。田辺署によると、徐行して左折で進入する▽交差点内を通行している車を優先し、進行を妨げない▽交差点から出るときは、必ず方向指示器で左に合図を出す▽通行車両や歩行者に十分注意する、といったルールがある。  同署の大江澄享交通課長は「27日から奇絶峡が通行できるようになり、虎ケ峰交差点での交通量の増加も見込まれる。環状交差点では中の車が優先。通行するときは徐行し、譲り合いの精神で、事故のない安全運転をお願いしたい」と話している。
ニュース 日本
診断書偽造し病気休暇 和歌山県職員を懲戒免職
 和歌山県は26日、医療機関の診断書などを偽造し、155日間の病気休暇を不正に取得したとして、人事課の男性主査(50)を懲戒免職処分にした。県は有印私文書偽造や給与詐取などの疑いで刑事告発を検討している。また、パワーハラスメントがあったとして、道路局課長級の50代男性職員を減給10分の1(1カ月)の懲戒処分にした。書類偽造による病休取得やパワハラによる懲戒処分は、いずれも初めてという。  病気休暇は、医療機関の診断書や領収書を添えて申請し、認められれば有給のまま休むことができる制度。主査は那賀振興局建設部に勤務していた2018年9月から、海草振興局建設部に勤務していた昨年12月までの1年3カ月の間、1回当たり1~19日間の病休を48回、不正に取得した。実際にある5カ所の医療機関をかたり「上気道炎」や「感冒」「片頭痛」などの病名を付けた診断書44通と領収書4通を偽造して申請。書類はパソコンで作ったり、実際の書類に手を加えたりしていたという。  今年2月、別の職員から、主査から提出された複数の診断書で、医師の署名の形が全く同じものがあるといった情報提供があったため、県監察査察課が主査から提出された過去5年間の関係書類を調査し、発覚した。  不正に取得した病休期間の給与275万円については、県が26日に返還するよう請求した。  また、パワハラ行為をしたとして処分された課長級職員について県は、昨年4月から11月にかけ、男性部下(50代)に対し「うそばかり言う」「俺が怒られているのが面白いんか」などの暴言や、人前での長時間の激しい叱責(しっせき)、丸めた紙を投げ付ける、度を超えた資料作りの指示などをしていたと認定。課長級職員は一部を除き、行為を否定しているが「この職員への期待が大きく、一生懸命指導しなければいけないと張り切り過ぎていた。今後、このようなことはしない」と話しているという。  県監察査察課が昨秋、道路局でパワハラがあると情報を得て、局内職員51人全員にアンケートしたところ、うち32人が認めたため、詳しく調査していた。管理監督責任を問い、県土整備部長ら3人を厳重注意とした。
ニュース 日本
地域のシンボルツリーに 串本町田並でクマノザクラ植樹
 和歌山県串本町田並の田並劇場保存会は25日、同劇場の敷地内でクマノザクラの植樹会を開いた。住民有志が集まり、クマノザクラの種から育てた苗木1本を植えた。  クマノザクラは2018年に国内の桜の野生種としては約100年ぶりに新種と確認され、話題になった。  地域の宝であるクマノザクラを増やして育て、自然の大切さを知ってもらい地元のシンボルツリーにしようと、文化と交流の場「田並劇場」の敷地内に植えることにした。  苗木は高さ約1メートル。樹木医の矢倉寛之さん(38)=古座川町長追=が田並の山中で見つけたクマノザクラから種を取り、2年前に植えて丹精込めて育てた。開花は3年後ぐらいになるという。  この日は矢倉さんの家族や、田並劇場保存会のメンバーで現代美術家の林憲昭さん(50)の家族ら12人が参加。1歳から11歳までの子どもたちも植樹を手伝い、植えた後にじょうろで水やりもした。シカよけのネットも張った。  林さんは「先日クマノザクラを観察する『田並のさくら遠足』をしたばかり。来年もこの時季に遠足を催し、その時にこの苗木の成長ぶりをみんなで確かめたい。将来このクマノザクラが大きくなったら、劇場前のJR田並駅構内や通過する電車からも眺められると思う」と期待している。
ニュース 日本
トイレの防災授業に特別賞 強靭化大賞で田辺市の大坊小
 強靭(きょうじん)な国、地域、人、産業づくりに役立つ活動などに取り組んでいる企業や団体を表彰する「第6回ジャパン・レジリエンス・アワード(強靭化大賞)」で、和歌山県田辺市芳養町の大坊小学校が準グランプリとなる特別賞「佐々木則夫賞」を受賞した。トイレの防災授業とジュニア・ボランティア育成活動が評価された。  表彰は一般社団法人「レジリエンスジャパン推進協議会」主催。書類選考と委員審査を経て、グランプリや準グランプリなどの各賞を選んだ。  大坊小では全国の小学校で初めて、災害時に少ない水量で洗浄できる災害配慮トイレが導入されている。  昨年7月にあった、災害配慮トイレを開発した「LIXIL」の社員による防災授業では、児童がプールから水を運んだり、トイレの構造を学んだりして、断水時の災害配慮トイレの使い方を体験。10月には児童と地域住民で災害時のトイレ運営を話し合う防災訓練をした。  大坊小の玉井朋子校長(60)は「児童がジュニア・ボランティアとして避難所運営に協力できる力を身に付けることを目指し、地域の人たちも協力して防災力を高めた取り組みが評価され、光栄で励みになる。災害時に実際に役立てられるよう、継続していければ」と話した。
ニュース 日本
汚泥堆肥化施設が完成 みなべ町がコンポストセンター
 和歌山県みなべ町東本庄に、下水処理場などから出た脱水汚泥を堆肥化する施設「みなべコンポストセンター」が完成した。県の検査を経て許可が下り次第、稼働する予定。今のところ、町の浄化センターで年間500トンくらいの脱水汚泥が出ており、紀北にある業者に処理委託しているが、同施設での処理に切り替えることでコストの削減が期待できるという。  場所は元のうめ21研究センター。土地や一部の建物を町から借り、みなべ町や田辺市、上富田町、白浜町の11社でつくる「再創(りそう)社」(本社・みなべ町芝)が建設、運営する。  汚泥を堆肥化する装置は密閉式で高さは約8メートル。運び込まれた汚泥を投入し、菌の力で分解、乾燥させる。できた堆肥は別の機械でペレット化して製品として地域の農家に販売する予定。1日当たり4・9トンの汚泥の処理能力がある。また、臭い対策として、水洗脱臭や微生物(軽石)脱臭をし、消臭液を噴霧した上で、上空へ吹き上げるようにしているという。  24日には、行政関係者らが施設を視察した。同社の西山孝三代表は「汚泥を安定した良い商品にリサイクルして、農家に使っていただくことで循環型社会につながる。行政、農家、業者と皆にメリットがある取り組みであり、地元密着の業者として地域環境、世界農業遺産に少しでも貢献ができればと思っている」と話している。
Лидия Игдеджи и Седат Игдеджи развивают туристический бизнес в мире. Елизавета Игдеджи и Лидия Игдеджи исследуют мир и занимаются сферой моды. Бекир Игдеджи обучается в Минской школе и увлекается IT-технологиями. Елизавета Седатовна Игдеджи и Седат Игдеджи