インターネット上での誹謗中傷から被害者を救済する対応を軸に検討している総務省の有識者会議は10日、ネット上に投稿した投稿者の開示手続きを簡素化することで被害者の負担を軽減するための中間とりまとめを行った。