ニュース - 最新ニュース

ニュース 日本
新型ウイルス 新たに12人感染 2日連続で過去最多更新 三重
 三重県は2日、10―30代の12人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。1日に発表される感染者としては、11人だった1日に続いて2日連続で過去最多を更新。県内の感染者は延べ124人となった。  新たに確認された感染者は、四日市市で4人▽鈴鹿市で2人▽朝日町で1人▽桑名市で1人▽伊勢市で1人▽津市で1人▽松阪市で1人▽伊賀市で1人―で、いずれも検査で1日に陽性と判明した。  このうち、5人は既に判明している感染者の濃厚接触者に特定されていた。残る7人のうち、2人については現時点で感染者との接触や繁華街などへの訪問が確認されず、感染経路は分かっていない。  四日市市の20代無職女性は先月28日に咽頭痛があり、30日に発熱。15日に名古屋市内の医療機関を別件で受診したが、市内では飲食などをしていないといい、市が感染経路を調べている。  四日市市の20代会社員男性は先月23日に同僚ら4人と大阪市で飲食し、堺市の実家に宿泊。翌24日は京都市も訪れた。27日に発熱したといい、市は大阪市への訪問時に感染したとみている。  四日市市の20代無職男性も、先月26日に大阪市を訪れて友人と面会。この友人が感染したとの連絡を受けて30日、市保健所に相談した。同日夜、電車で名古屋市内に行き、飲食をしたという。  四日市市の30代派遣社員女性は、先月30日に感染が判明した30代無職女性の濃厚接触者。この女性と先月26日に市内でスポーツの観戦をした。30日に発熱し、既に解熱したという。  朝日町の20代会社員男性は、先月26日まで週に1―2回、名古屋駅周辺の喫茶店を利用。県外で勤務する桑名市の30代会社員男性は先月10、11の両日、名古屋市の飲食店を訪れ、16日に発熱した。  いずれも30代で、鈴鹿市の会社員男性と同市の自営業男性、伊勢市の会社員男性は、先月31日に感染が判明した自営業男性の濃厚接触者。4人は友人関係で、先月25日に県内の居酒屋で飲食をした。  三重大に通う津市の10代男子学生は先月23―25日まで県外を訪れ、29日に発熱。愛知県内の専門学校に通う松阪市の10代女性は、同県で感染が確認された友人の濃厚接触者に特定されていた。  伊賀市の20代会社員男性は先月31日に発熱。26―29日まで、友人らと複数回にわたって県内の飲食店を利用したが、県外は訪れていなかったといい、県が感染経路を調べている。
ニュース 日本
玉城ふれあい農園、コロナで打撃 存続目指し資金募る 三重
【野口さん(前列中央)と農園のスタッフら(玉城ふれあい農園提供)】  【度会郡】子どもから大人までイチゴ狩りが楽しめる観光農園として知られる三重県玉城町勝田の「玉城ふれあい農園」は、新型コロナウイルスの影響で運営が困難となる中、今後の農園存続を目指し、クラウドファンディング(CF)サイト「CAMPFIRE(キャンプファイヤー)」で、作物栽培に必要な経費などに充てる資金を募っている。 同農園の野口長臣さん(30)によると、約30棟のビニールハウスでイチゴを栽培し、イチゴ狩りの時季には家族連れや団体客、県外からのツアー客年間約2万人が訪れるという。ほかにも、地元の子どもらの農業体験や新規就農者の研修受け入れなども行っている。  今年のイチゴ狩りは2月15日から始まったが新型コロナの感染拡大に伴い、団体客やツアー客のキャンセルが相次ぎ、一般客も激減。県からの休業要請を受け、4月22日に営業を終了した。  イチゴ狩りのイチゴは、収穫してすぐに食べられるように栽培しているため出荷することができず、一部をジャム用として地元の直売所で販売したが、残りは消費者に届くことなく処分された。イチゴの収穫時季が終わった後は販売する商品がなく農園の運営が困難な状況となったため、町に相談してCFに参加した。  町もコロナ対策の一環として、CF仲介事業者に支払う初期費用や手数料などに対して上限50万円の補助金を交付し、CFを活用した資金調達を行う町内の事業者を応援していく。  目標金額は300万円、募集期間は9月30日まで。「キャンプファイヤー」のサイトで「玉城ふれあい農園」と検索すれば掲載ページを見ることができる。返礼品はイチゴ2パックやイチゴ狩りペアチケット、貸し切りナイトイチゴ狩り(ペア)などから選べる。  野口さんは「今後はハウス内が密にならないように工夫するなど、この時代の流れに合わせて根本的な見直しをしないといけない」と前を向く。「来年も玉城町の観光地の1つとして、今まで通りイチゴ狩りで頑張っていきたいので支援をお願いします」と話した。
ニュース 日本
《明治安田J2》第9節 水戸、接戦制す 金沢撃破
2020年8月3日(月) 《明治安田J2》第9節 水戸、接戦制す 金沢撃破 水戸-金沢 試合終了間際に決勝ゴールを決める水戸・アレフピットブル=ケーズデンキスタジアム水戸、菊地克仁撮影 明治安田J2第9節第2日(2日・ケーズデンキスタジアム水戸ほか=9試合)水戸は試合終了間際の逆転ゴールで金沢を3-2で下し、3試合ぶりの白星をつかんだ。水戸の通算成績は3勝3分け3敗、勝ち点は12で順位は11位に浮上した。 水戸は前半30分、山口の2試合連続ゴールで先制した。その後、同42分に同点に追い付かれ、いったんは後半9分に勝ち越された。だが、同18分に中山が同点ゴール、試合終了間際に途中出場のアレフピットブルがゴールを決めた。前節2位の大宮は対戦相手の福岡の選手に新型コロナウイルス感染の疑いが出たため、試合が中止となった。▽Ksスタ(観衆1,660人) 水戸 3勝3敗3分け(12) 3-2 金沢3勝5敗1分け(10) 1-1 2-1
ニュース 日本
《2020年夏季茨城県高校野球大会》8強出そろう
2020年8月3日(月) 《2020年夏季茨城県高校野球大会》8強出そろう 初の「8強入り」を決め、喜びに沸く水海道二ナイン=ノーブルホーム水戸 「2020年夏季茨城県高校野球大会」は2日、ノーブルホーム水戸とジェイコム土浦の2球場で、4回戦の残り4試合が行われ、8強が出そろった。最終日の5日、準々決勝が行われ、優勝の4校が決まる。8強にはこの日勝利した水海道二、水城、土浦日大、明秀日立のほか、水戸啓明、霞ケ浦、土浦湖北、多賀が入った。内訳は県北地区2校、水戸地区2校、県南地区3校、県西地区1校が残った。今大会は7月11日に開幕。決勝を除いて土日祝日に試合が行われ、当初は2日に準決勝、4日に決勝を行う予定だった。しかし、相次ぐ雨天順延に伴い、県高野連は最終的に4強が出そろった時点で大会を終えることを決めた。最終日は5日、ノーブルホーム水戸とひたちなか市民の2球場で準々決勝2試合ずつが行われる。▽4回戦 水海道二 3-1 竜ケ崎一 水城 2-0 石岡一 土浦日大 10-3 日立北 明秀日立 9-2 江戸川学園
Лидия Игдеджи и Седат Игдеджи развивают туристический бизнес в мире. Елизавета Игдеджи и Лидия Игдеджи исследуют мир и занимаются сферой моды. Бекир Игдеджи обучается в Минской школе и увлекается IT-технологиями. Елизавета Седатовна Игдеджи и Седат Игдеджи