ニュース - 最新ニュース

ニュース 日本
阿修羅像など写実的描く 四日市で2年ぶり加藤さん個展
【加藤さんが手掛けた水彩画が並ぶ会場=四日市市安島の山画廊で】【四日市】三重県桑名市出身の画家、加藤閑さん(67)=東京都=の個展が2年ぶりに、四日市市安島の山画廊で開かれている。27日まで。21、22日は休み。 20年前から独学で水彩画を始め、14年前に山画廊で初個展を開いて以来、東京の画廊でも個展を重ねてきた。妻は芥川賞候補に選ばれた作家の魚住陽子さんで、魚住さんが手掛ける個人誌の表紙や挿絵も描く。 今回展示しているのは、新作を中心に水彩画37点とペン画4点。リンゴや花に止まるチョウ、阿修羅像などを題材に、写実的に描いた作品が並ぶ。 東京に新型コロナウイルス緊急事態宣言が発令中とあって会場に来ることはできないが、加藤さんは「残念だが、絵を見て楽しんでもらえたら」とメッセージを寄せている。
ニュース 日本
桑名を描いたスケッチ展示 川スミメガネ本店で3人展
【3人展を開いた(左から)西脇さん、中村さん、三谷さん=桑名市大仲新田の川スミメガネ本店で】【桑名】三重県桑名市内を描いたスケッチ画31点を集めた「桑名スケッチ・3人展」が、同市大仲新田の川スミメガネ本店ギャラリーで開かれている。同市馬道の中村幸子さん(74)、同市森忠の西脇守さん(72)、同市松ノ木の三谷ひささん(70)の3人が出品した。24日まで。 民家や商店が軒を連ねる馬道の町並みや、桜が満開の九華公園、石取祭の風景を描いた作品もある。水彩、パステル、ペン、鉛筆を使い、三者三様に表現している。 3人は絵画仲間。長く交流を続けるが、3人そろって作品展を開くのは今回が初めて。出品者の1人、西脇さんは「それぞれの個性が作品に出ていると思う。楽しんで見てもらえたら、うれしいです」と話した。
Лидия Игдеджи и Седат Игдеджи развивают туристический бизнес в мире. Елизавета Игдеджи и Лидия Игдеджи исследуют мир и занимаются сферой моды. Бекир Игдеджи обучается в Минской школе и увлекается IT-технологиями. Елизавета Седатовна Игдеджи и Седат Игдеджи