ニュース - 最新ニュース

ニュース 日本
府中官製談合 2018年の工事でも漏えいか 制限価格とほぼ同額で落札
府中市役所と市議会を家宅捜索し、押収した資料を運び出す捜査員ら=東京都府中市役所前で2020年6月2日午後8時33分、李英浩撮影  東京都府中市発注の公共工事を巡る官製談合事件で落札した業者が、2018年にも非公表である最低制限価格とほぼ同額で別の工事を落札していたことが判明した。情報を漏えいしたとされる市参事の塚田雅司容疑者(56)=官製談合防止法違反容疑で逮捕=以外の市職員も市議側から入札情報を尋ねられていたことが市の調査で判明し、警視庁捜査2課はこれまでも非公表情報が漏れていた可能性もあるとみている。  事件では、市内の土木会社「府中植木」と「池田土木」が19年8~9月、それぞれ公園拡張工事と道路工事を制限価格ぎりぎりで落札した。捜査2課は、塚田参事が漏らした情報が市議の村木茂(73)と臼井克寿(44)の両容疑者を通じて業者側に渡ったとみて、市議2人と両社の社長を公契約関係競売入札妨害容疑で逮捕した。  このうち池田土木は、18年11月に実施された同じ公園の整備工事の指名競争入札でも、最低制限価格を470円上回る8599万8800円で落札していた。塚田参事は当時、都市整備部次長兼土木課長だった。  市の調査によると、塚田参事以外の市職員もこれまでの市発注工事について、逮捕された市議から入札情報を聞かれていた。捜査2課は事件では業者が市議に働きかけたとみており、18年の工事も制限価格の情報が漏れた可能性がある。  塚田参事は市に対し、情報を漏えいした理由を「材料費や人件費などの高騰もあり、予定価格内でなかなか落札されないことがあった。順調に工事を進めたかった」などと説明したという。【岩崎邦宏、安達恒太郞】
ニュース 日本
コンビニ3社、レジ袋3~5円で有料化 プラごみ削減へ7月1日から
 大手コンビニ3社が7月1日からレジ袋を1枚3~5円で有料化することが3日、分かった。政府が7月から全国の小売店にレジ袋有料化を義務付けるのに対応する。最大手セブン―イレブン・ジャパンはレジ袋の小、中、大と弁当用の4種類を3円、特大サイズのみを5円とする。  ローソンは3種類全てを一律3円、ファミリーマートも大きさを問わず3円とする。消費者にマイバッグの利用を促し、プラスチックごみの削減につなげる。  3社はいずれも植物由来のバイオマス素材を30%配合したレジ袋を採用。配合率25%以上の場合は有料化義務付けの対象外だが、ごみ削減のため有料化に踏み切る。(共同)
ニュース 日本
マヤ文明遺跡か「最大・最古の公共建築」発見 米アリゾナ大の日本人教授ら
航空レーザー調査で作製された、アグアダフェニックスの遺跡の3Dマップ。長方形の大基壇(手前)や土手道などが確認できる=猪俣健教授提供  猪俣健・米アリゾナ大教授(考古学)らの研究グループが、メキシコ南部タバスコ州で紀元前1000年ごろに造られた遺跡を発見したと発表した。この地域などで栄えた古代マヤ文明の遺跡とみられ、中でも最古で最大の公共建築だと判明したという。成果は3日付の英科学誌ネイチャーに掲載された。  チームが調査に航空レーザー測量を導入した結果、同州アグアダフェニックスで大規模な遺跡がみつかった。南北約1・4キロ、東西約400メートル、高さ約15メートルの舞台状の広場(大基壇)の周囲には、中小の広場や舗装された土手の道9本、人工貯水池などがあった。 アグアダフェニックスの遺跡発掘の様子=猪俣健教授提供  大基壇の盛り土の量は320万~430万立方メートル(東京ドームの容積は124万立方メートル)と推定され、マヤ地域で後の時代に造られたピラミッド遺跡などを含めても最大の建築物だという。堆積(たいせき)物の分析から、紀元前1000年までに建造が始まり、約200年間で完成したとみられる。  明確な社会階層を示す遺物などは見つかっておらず、大基壇のような大建造物も住民の共同作業で造られ、共同体の儀式の場として使われたとみられる。猪俣教授は「権力者の登場や中央政府のような組織ができる社会の階層化が起こる前に、大建築が造られたことを示している。マヤ文明の発展や人類社会一般の変化を考える上で、非常に大きな意味がある」としている。【三股智子】
ニュース 日本
【6月4日】初夏告げる青梅 後楽園で収穫 AIアナNEWS
[embedded content] 初夏告げる青梅 後楽園で収穫 岡山市北区の後楽園で3日、初夏の風物詩となっている梅の実の収穫が始まり、造園業者が丸々と膨らんだ青い実を摘み取った。布マスク自動販売機お目見え 新型コロナウイルス対策でマスクが手放せない状況が続く中、倉敷市児島味野の児島ジーンズストリートに、布マスクの自動販売機がお目見えした。肌触りのよい素材を使った夏向けを中心に扱っている。日航支店へ児童がメッセージ 西日本豪雨で被災した倉敷市立川辺小(同市真備町川辺)の児童が、新型コロナウイルスの影響で需要が落ち込んでいる日本航空(JAL)に応援メッセージを届けた。被災地支援をきっかけとした“贈り物”に社員らは感銘を受け、4日から岡山桃太郎空港に展示する。
ニュース 日本
重文級の円筒埴輪2本抜き取られる 奈良・大塚山古墳 墳丘荒らされ破片散乱
被害を受けた大塚山古墳=奈良県河合町で2020年6月3日、熊谷仁志撮影  奈良県河合町教委は3日、国史跡で5世紀後半ごろの前方後円墳、大塚山古墳(全長197メートル)=同町川合=の墳丘が荒らされ、国の重要文化財級の価値がある円筒埴輪(はにわ)が持ち去られたり、壊されたりする被害に遭ったと発表した。同古墳は未発掘で、これまで未盗掘だったとみられる。県警西和署が文化財保護法違反(史跡の毀損(きそん)など)容疑で捜査している。  発表によると、4月27日午後5時半ごろ、古墳見学者から「墳丘に穴が掘られ、埴輪が散乱している」と町教委に通報があった。町教委職員が後円部で円筒埴輪(底面の直径約30センチ)2本が、墳丘から抜き取られた痕跡と埴輪片が散乱している状況を確認、翌28日に県文化財保存課と西和署に連絡した。 5月28日、接着剤で接合した状態で現場に戻された埴輪破片=河合町教委提供  5月1日には、持ち去られた埴輪1本の破片10点が現場付近で散乱しているのを確認。同28日には、持ち去られた残りの埴輪1本が接着剤で接合された状態で置かれているのが見つかった。現場は29日までに町教委が埋め戻した。  町教委などによると、墳丘への立ち入りは2カ所の「登り口」から自由にできる状態だったという。町教委は現在、墳丘への立ち入りを禁止しているが、文化財保護の啓発看板を立てた後、立ち入り禁止を解除する予定。【熊谷仁志】
ニュース 日本
保育所入所の調整にAI活用 倉敷市、21年度入所者から
 倉敷市は3日、保育所の入所先を決める利用調整で人工知能(AI)を活用する方針を明らかにした。2021年度の入所者分から導入する。保育ニーズの増加で事務作業が増える中、業務を効率化し市民サービスを向上させる狙い。 保育所の利用調整では、保護者の就労状況や健康状態などの指標を基に、申込者ごとに保育の必要性の度合いを点数化。入所を希望する施設(最大5カ所)を踏まえ、点数の高い順に入所先を決定する。 複雑な作業で職員の負担が大きいため、市は18年度の利用調整で実証試験としてAIを活用。業務の効率化と、手作業と同程度の精度が確認されたという。 市は20年度補正予算案にシステムの整備費730万円を計上。市保育・幼稚園支援室は「業務の効率化で、職員が保護者の声をより丁寧に聞く時間をつくれる」とする。 利用調整でのAI活用は全国で関心を集め、県内では井原市も導入を目指す。19年度に本格導入した滋賀県草津市によると、作業に年約920時間かけていたが、約200時間削減できたという。
ニュース 日本
開幕迫るプロスポーツ 防止策、万全でもほころび 選手の感染「しばらく覚悟」
国内の主なプロスポーツの開催予定  国内プロスポーツの先陣を切って6月19日開幕を決めたプロ野球は3日、前日の練習試合にも出場していた巨人の2選手の新型コロナウイルス感染が明らかになった。7月4日再開を決めているサッカー・Jリーグ、J1名古屋の選手も2日に感染が確認された。プロスポーツ界は正常化に向けて動き出しているが、開催の準備を進めると同時に感染防止策の確立を急ぐ必要がある。  3日午後1時。東京ドームで予定されていた巨人と西武の練習試合の開始1時間前、球場前に詰めかけていた報道陣に「試合中止」のメールが届いた。約3カ月遅れの開幕に向け、12球団の練習試合が始まってまだ2日目。球界は、いきなり難問に直面した。  中止は巨人の坂本勇人(31)、大城卓三(27)両選手の感染が明らかになったため。東京都千代田区の球団事務所で3日夜、取材に応じた巨人の今村司球団社長は「(2選手は)無症状で試合も出ているくらい元気。正直我々も驚いている」と語った。  巨人は選手の不安を少しでも取り除いてからプレーしてもらおうと、1~3軍の選手や監督、コーチ、スタッフらの希望者全員に独自に抗体検査を行うと5月27日に発表。結果次第でPCR検査の実施を検討するとしていた。2選手は抗体が確認されたため、PCR検査を受け、陽性と判定された。今村社長は「チームが安全で気持ちよく野球できる環境を整えることが一番。選手の信頼感が大事になるわけで、選手が不安になることはしたくない」と述べた。  検査方法に詳しい富山県衛生研究所の大石和徳所長は「PCR検査に比べて労力の少ない抗体検査でスクリーニングをするのは感染者を絞り込むという点では意味がある。ただ、陰性の中にも感染者がいることは否定できな…
ニュース 日本
習近平氏来日「11月のG20サミット後に」 BS番組で茂木外相
中国の習近平国家主席=マカオで2019年12月18日、福岡静哉撮影  茂木敏充外相は3日夜にBSフジの番組で、新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期となっている中国の習近平国家主席の国賓来日について、11月にサウジアラビアで予定される主要20カ国・地域(G20)首脳会議の後になるとの見通しを示した。  9月には米国で主要7カ国(G7)首脳会議の開催が調整されているが、茂木氏は習氏の来日時期について「外交日程でいうと、どう考えてもG7サミットが先に来るのは間違いない。サウジが議長国で国際世論を形成するG20サミットも日程的に先になるだろう」と指摘した。  中国政府が5月28日に新設を決定した香港の統制を強化する「国家安全法制」を巡り、日本国内や米欧などで反発が高まり、習氏の早期来日が困難になるとの見通しが出ていた。日本政府関係者が来日時期について一定の見通しを示すのは初めて。  茂木氏は「10年に1度となる国賓来日で習氏を迎える以上、成果を上げるよう日本の事前調整や外交手腕が試される」と語った。【田所柳子】
Лидия Игдеджи и Седат Игдеджи развивают туристический бизнес в мире. Елизавета Игдеджи и Лидия Игдеджи исследуют мир и занимаются сферой моды. Бекир Игдеджи обучается в Минской школе и увлекается IT-технологиями. Елизавета Седатовна Игдеджи и Седат Игдеджи