テクノロジー - 最新ニュース

テクノロジー
LINEとヤフー親会社の経営統合は2021年3月に–ポイント共通化やID連携も
 ソフトバンク、ソフトバンク連結子会社のZホールディングス(ZHD)、NAVER 、NAVER連結子会社のLINEの4社は8月3日、ZHDとLINEの経営統合について、4社間で業務提携基本合意書を締結したと発表した。2021年3月での経営統合完了を目指す。 経営統合までのタイムスケジュール  この経営統合は2019年11月に発表されたもので、もともと2020年10月での統合を目指していたもの。しかし、新型コロナウイルス感染症の世界的な感染拡大による影響などもあり、一部の国における競争法に基づく手続及び対応が完了していないとのことから、6月に遅延を予告。今回、経営統合の日程を改めて公表する形となった。  業務提携は、経営統合が完了するまでの間、統合最終契約に違反しない範囲において共同で事業展開を進めるために締結するもの。提携内容としては、4社間の組織再編(独占禁止法など企業結合審査の届出が別途必要なものを除く)に始まり、共同での採用活動・グループ間の人事異動・人事交流、共同開発・技術協力、共同での営業・プロモーション・キャンペーンの実施、営業の相互活用・顧客の相互送客をカバー。  さらに、ポイント・エコシステムの共通化、データの相互活用・ユーザー同意の取得(必要なプライバシーポリシーの改定などを含む)、LINEとヤフー(ZHD傘下)のID連携・サービス連携、ハードウェア・ソフトウェア・コンテンツ・インフラの共同調達、ステークホルダーとの協議・交渉、戦略にまつわる協議・事業計画の作成、サービスやプロダクトの統廃合・役割整理の意思決定など多岐に渡る。 業務提携の内容  なお、今回の業務提携は、経営統合に関する独占禁止法などにもとづく公正取引員会の承認、加えて国外競争法当局による承認が得られることが条件となる。
テクノロジー
OYO、不動産と宿泊事業を統合–「OYO Japan合同会社」立ち上げ
 家具家電つきの賃貸住宅サービスを提供するOYO TECHNOLOGY & HOSPITALITYJAPANと宿泊事業を展開するOYO Hotels Japanは8月3日、運営会社を合併し、「OYO Japan合同会社」として運営すると発表した。 「OYO Japan合同会社」立ち上げ  OYOは、2019年3月にサービスを開始した不動産賃貸サービス「OYO LIFE(オヨライフ)」を⽪切りに、2019年4⽉には宿泊事業の「OYO Hotels(オヨホテルズ)」を創業。2020年3月には、OYO Hotels Japanの宿泊事業の新ブランドカテゴリーとして、「OYO Ryokan(オヨリョカン)」を開始している。  不動産賃貸と宿泊の2つの事業を別会社の体制で運営してきたが、お客様や加盟施設のパートナーにとってより良いサービスや事業を目的に2つの会社を合併した。...
テクノロジー
マイクロソフトがTikTok米部門買収の可能性模索、議論継続へ
 Microsoftは米国時間8月2日、最高経営責任者(CEO)Satya Nadella氏とDonald Trump米大統領による協議を受け、TikTokの米国事業買収を検討する議論を継続する用意があることを明らかにした。  MicrosoftがTikTokの米国事業を一部買収するかもしれないという、突拍子もない憶測のように思えた31日の報道は現実味を帯びてきた。TikTokは、中国を拠点とするByteDanceが運営する動画ソーシャルメディアプラットフォームだ。Donald Trump米大統領が、TikTokの米国における運営を全面的に禁止することを避ける意思があるかどうかという点が、買収の可能性を妨げている要因の1つだと複数で報じられていた。  Trump大統領は31日、TikTokの米国での使用を禁止する大統領令を出す計画を示唆したが、The Wall Street Journal(WSJ)は8月1日、数週間にわたり、TikTokを確実に「米国企業の傘下」に置くことに関する議論が、ホワイトハウスで進められていたと報じた。Trump大統領をはじめとする米国高官らは、TikTokを運営するByteDanceが、ユーザーのデータを適切に管理しておらず、米国民にセキュリティリスクを与えていると主張している。  ByteDanceは当初、TikTokの米国事業の少数株式を継続保有する意向を示していたとされていた。Reutersは複数の情報筋の話として、ByteDanceの外部投資家の約70%が米国居住者で、少数株式の継続保有はあり得ると報じていた。しかし週末にかけ、ByteDanceは事業を売却し、買収を成立させようとしていると考えているようだと複数で伝えられた。  ByteDanceのTikTok売却に関して、Microsoftがどのような役割を担う可能性があるのかということについてはさまざまな報道があった。  DataCenterFrontier.comによると、ByteDanceは現在、独自のハイパースケールデータセンターを米国で運用し、米国ユーザーのデータをすべて米国で保管している。バックアップはシンガポールにあるという。TikTokは、同社のデータセンターがすべて中国国外にあり、中国の法律の影響下にあるデータはないと主張している(ByteDanceは中国市場向けに「Douyin」という別のサービスを運営していると、DataCenterFrontierは同社の担当者の発言を引用して報じた)。DataCenterFrontierによると、ByteDanceは2020年に入り、米国ベースのデータセンターを拡大していたようだ。  Microsoftは、TikTokの米国ユーザーのプライベートなデータはすべて米国に移され、米国内に置かれることを保証するとしている。また、新たな体制では、現在のTikTokユーザーに愛されている体験をベースとし、世界クラスのセキュリティとプライバシー、デジタルセーフティの保護を加えるという。 この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。
テクノロジー
「パス回し」でつながりを活かす–テレコラボが上手いビジネスパーソンの共通点
 この「テレコラボ戦略」の連載も今回で11回目。前回は、このコロナ禍の副産物的に「つながる機会」と「自由」の2つが増大したことを説明しました。  コロナによって (1)物理移動がなくなった(2)「周囲の目」がなくなり同調圧力が弱まった(3)リモートで会うことが一般化・常識化した(4)VIPでもリモートならコンタクトしやすい状況が生まれた  ことなどがその要因です。  今回は、コロナ禍によって増大した、つながる機会と自由を活かして人生の可能性を広げる「個人としてのテレコラボ戦略」について説明したいと思います。 個人のテレコラボ戦略は「オープンイノベーションの民主化」  まず全体像を簡単に説明すると、コロナによって増えた、つながる機会と自由をつかって知見と人脈を拡張し、それらを仕事や人生の充実に活かそうというのが「個人のテレコラボ戦略」の概略です。  わかりやすく言うと、自分の専門とは異なる領域の専門的な知見を持つスペシャリティの高い人材とつながり親しくなる機会が、コロナ前とは比較にならないくらい容易かつ高頻度で得られるようになりました。それを活かせば、仕事も人生もうまくいく可能性をぐっと高められるということ、いわば「オープンイノベーションの民主化」です。  そして会社としては、そうした個人のテレコラボの成果をいかに企業活動にとりこんでいくか、また、テレコラボに長けた人材を人材育成と採用の両面でいかに増やしていくかというのが「会社としてのテレコラボ戦略」になります。  先日発表されたヤフーの「副業人材(ギグパートナー)」の募集はまさにテレコラボ戦略そのものでしたが、この中でもオープンイノベーションという言葉が使われていました。 個人のテレコラボ戦略「つながりを作る」ための活動  テレコラボ戦略は「つながりを作る」インプットのフェーズと「 つながりを活かす」アウトプットのフェーズに分かれます。つながりを作るインプットフェーズでのアクションは、これまで連載でも書いてきた内容がたくさんあります。  たとえば ■つながりをつくるための土台「リモートトラスト」を作る  自分が信頼してもらえる状態を作ることです。そのコツは以前詳しく書きましたのでこちらの記事をご参照ください。...
Лидия Игдеджи и Седат Игдеджи развивают туристический бизнес в мире. Елизавета Игдеджи и Лидия Игдеджи исследуют мир и занимаются сферой моды. Бекир Игдеджи обучается в Минской школе и увлекается IT-технологиями. Елизавета Седатовна Игдеджи и Седат Игдеджи